妊娠中絶手術を経て

彼が逃げなかったのが救い

私は大学生の頃、大好きだった彼との子どもをお腹に宿しました。
いつも生理不順のため、もうすぐ生理くるかな?とずっと待っていましたが2カ月程が経とうとし、また体調の変化も気になったので、妊娠の可能性を考え妊娠検査薬を使用しました。
すると陽性反応が出ました。
私は、ずっと赤ちゃんが欲しいとは思っていましたが、当時大学生の私たちが育てられるはずもありません。
なので中絶手術を受けることにしました。
その決断をする時、どこの病院でしようか、手術が失敗することはないか、もう赤ちゃんを産めない身体になってしまうのではないかと色んな不安でいっぱいでした。
そして何周を過ぎると、という病院別の周期ごとの決まりがあるため焦りもありました。
インターネットで様々な病院を検索し、中絶手術についてもかなり調べました。
救いだったのは彼も他人事とはせず、一緒に病院探しをしてくれたことでした。
テレビドラマや現実世界でも妊娠が発覚したとたんに逃げ出す男性がいるというので、私の彼も打ち明けた時にそうなってしまったらどうしようという思いもありました。
ですが彼は一緒に病院を探し、病院へも一緒に向かってくれました。

彼が逃げなかったのが救い : 中絶手術には当然リスクもある : もう後悔したくない…